スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【四間飛車vs角田流(地下鉄飛車)】2003年01月17日 dcsyhi 対 tyokurin

先手
dcsyhi 四間飛車 美濃囲い
後手
tyokurin 角田流(地下鉄飛車)

2003年01月12日 dcsyhi 対 tyokurinでは四間飛車 vs ミレニアムでしたが、本局は後手のtyokurinさんが角田流(地下鉄飛車)を採用。

角田流(地下鉄飛車)は最近ではあまり見かけない戦法ですが、振り飛車穴熊に対しては時々指される戦法です。
詳しく解説している棋書は四間飛車道場 第9巻 持久戦VS穴熊くらいだと思いますが絶版です。

本局は美濃囲いに対する角田流(地下鉄飛車)ですが、けっこう珍しいのではないかと思います。

「【四間飛車vs角田流(地下鉄飛車)】2003年01月17日 dcsyhi 対 tyokurin」の続きを読む

【風車戦法(地下鉄飛車)】2003年01月12日 dcsyhi 対 DORAGON7

先手
dcsyhi 四間飛車 風車戦法(地下鉄飛車)
後手
DORAGON7 居飛車 銀冠

四間飛車からの一間飛車!・・・クリックミスでしょうね。
そのミスを風車戦法(地下鉄飛車)の形に組んでフォローします。

風車戦法といえば伊藤果プロ。伊藤果プロの著書に「風車の美学」がありますが絶版です。
右玉伝説」 「中飛車道場 第4巻 6四銀・ツノ銀」 に一部記述がありますがこちらも絶版。
右玉と重なる部分も多いので右玉の棋書を読むと参考になると思います。
現在普通に手に入る棋書だと「とっておきの右玉」は角交換型の右玉に特化した本なので、本局とズバリ同じ形というわけではありませんが、ある程度参考になると思います。

「【風車戦法(地下鉄飛車)】2003年01月12日 dcsyhi 対 DORAGON7」の続きを読む

このページのトップに戻る

このwebサイトについて

将棋倶楽部24史上最強と言われる伝説の棋士dcsyhi(デクシ)の棋譜を激指 定跡道場3とフリーソフトを使って検討します。

dcsyhi(デクシ)とは

管理人多忙のため更新頻度が落ちていますがマイペースで更新していきます。
更新情報twitter

RSS このブログをはてなブックマークに追加

blog内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。